セッション内容

心理療法 - age degradation -

ヒプノセラピー(催眠心理療法)は、潜在意識に直接働きかける心理療法です。
潜在意識は、自分ではまったく意識していないもので無意識とも言われます。自分で意識することのない潜在意識にダイレクトに働きかけていくのが催眠療法です。
ゆったりとした音楽、くつろいだスペース、そしてセラピストの誘導により表面意識と潜在意識を隔てている膜をゆるめてゆきます。すると心も体もゆるむ事によって、潜在意識にアクセスして、ネガティブな要素をできるだけ取り除きポジティブな要素に転換してゆくように働きかけます。自分自身をより深く知り、許し、愛せるようになれば、「心の自己治癒力」が高まり、マイナスイメージに支配されにくくなります。つまり、潜在意識を「プラス思考」になるように働きかけるのです。

前世退行 - past life degradation -

私たちは 輪廻転生のサイクルの中で、学びあい、成長するために、魂のグループを形成し、性別・国・境遇・ 環境・役割を変えて何度も生まれ変わってきているようです。
初めて行った場所、始めて会った人なのに、なんとなく懐かしい気持ちがするのはなぜでしょうか。前世療法は、深いリラクゼーションの後、あなたが生まれる前の今とは違う人生のある場面から始まります。今あなたが抱えている問題は、あなたがその前世をどう生きたかに大きく関わっているのです。

普段は忘れてしまっていたとしても潜在意識は、前世の記憶を覚えています。
退行催眠により、変性意識状態になることで、その前世にあなたの潜在意識がフォーカスしていきます。その過去を追体験する事で、あなたらしい人生を歩んでいく事を目指します。

願望実現

「自分を変えたい」「目標を実現したい」「夢をかなえたい」という前向きな欲求は、人が本来持っている自然な欲求です。
あなたの潜在意識の中には、願望が達成されるソフトがインストールされています。
いとも簡単に誰でも願望が達成できる魔法。それがヒプノセラピーです。
過去と他人は変えられませんが、“今ここ”の自分は変えることができます。「今の自分」が変われば、未来を大きく変えることができます。「なりたい自分」を細部にわたってありありとイメージすることができましたら、「なりたい自分」にまた一歩大きく近づくことができるでしょう。
あなたが予測できない幸せを作る能力が、あなたにはちゃんとあるんです。その能力を活用するのと、活用しないのとでは人生が大幅に変わってきます。自分の素晴らしさに出会って願望を達成してください。

行動パターン修正

「人前で話をすると顔が赤くなってしまう」
「たばこをやめたい!でも続けられない・・・」

こんな思いをされる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
上がり症・対人緊張の改善、ダイエットの成功、集中力や記憶力の向上、資格取得、外国語習得、社交的になる、夜更かし癖をやめる…など。

行動修正とは、気になる癖、行動パターン、習慣などの改善、目標達成を目的とする「暗示」を効果的に構成し、潜在意識に浸透させ、望む結果を得られるようにはたらきかけるものです。
潜在意識の力を利用して「出来ない私」を「出来る私」へと変化させてゆく方法です。潜在意識のメカニズムの中の、想像と体験の区別が無い事、時間の観念がないことを利用して、習慣となっている行動を修正していきます。この方法は継続的に行うことをお勧めします。

アファメーションダイエット

「早く痩せたい」
「楽に痩せたい」

こんな都合のいいダイエット法が・・・・あるんです。セルフイメージを変えていくことで、いとも簡単に理想のボディーを手に入れることができます。
「アファメーション」とは、肯定的な願いを繰り返しとなえ、イメージ通りの自分へと変えていく自己宣言のこと。
催眠療法のイメージ法やリハーサル法を使い、無理なくダイエットに成功するのです。

イメージ法は理想のプロポーションを手に入れたあなたが、セラピストの誘導の元にイメージの世界で色々な体験をしていきます。
リハーサル法は自分のやりたいと思うダイエット法を楽しくできるように、潜在意識にインプットしていきます。

あなたのダイエットに必要な文字が「努力」から「楽」へと変わります。

リラクゼーション

セラピストの誘導で通常のレベルでいうリラックス状態よりもさらに深いリラクゼーションの中へ。ゆったりとした環境の中で固まった心と身体をゆるめていきましょう。
心も体もゆるむ事によって、はっきり目覚めて行動している時の脳波、ベータ波からリラックスしている状態のアルファ波へと移行し、徐々に深いリラクゼーションが訪れます。

思考癖や緊張で、カチカチになったままの状態にはどんなアプローチも届きません。
リラックスと集中はエネルギーの中で一体化して起こり、ゆるんだ分だけ自動的に整っていきます。
この体験で本来備わっている自己治癒力や免疫力がUPすると考えられ、平和で安定した、あるがままの自分を取り戻すことができるようになります。
目覚めた後は、すっきりと爽やかな気分が訪れ、リフレッシュした自分を発見することでしょう。

胎児期退行(胎内記憶)

胎児期の記憶を呼び覚ますと、自分がなぜこの世に産まれてきたのかを知ったり、自分の行動や思考に影響するバーストラウマや、両親の自分に対する想いを感じるなど、自分の本質をよりさらに知ることができます。そして、その時の感情を追体験し、解放していくことで、現実に変化が訪れ、本来の自分らしく人生を歩むことができるようになります。

母親のお腹の中にいる頃の胎児に戻り、妊娠中に母親が置かれていた状況と環境から、母親がどのような精神状態でいたのか、また母親を取り巻くまわりの人(父親や兄弟など)はどんな様子だったのか。 また、母親のエネルギーを胎児である自分がどのように感じ影響を受けていたのかを確認します。

胎児期退行(胎内記憶)は、過去退行よりもさらに深く、潜在意識の中に潜むブロックや、自分の本質、生命の神秘に触れることができる素晴らしいセラピーです。現在、医療や教育、心理学などの各分野から注目を浴びている「胎児期(胎内記憶)退行ヒプノセラピー」を、ぜひ体感してみてください。